一歩間違えれば命取り!購入する前に読んでおきたい、海外の薬のルール

>

どうしたら良いの?海外の薬での健康被害

健康被害に合うリスクの重要性

日本国内で処方された医薬品や購入した市販薬でトラブルがあった際は、厚生労働省に申請することが可能となります。
そこで入院等が必要と判断された場合は、必要な補償を受けることができます。
しかし、海外の薬は用法・用量も外国語で記載してされている場合が多く、場合によっては間違った方法で服用してしまう可能性があります。
もちろん薬の種類も多く、日本の医師や薬剤師が把握していない作用もある為、あくまで自己責任の元購入することが原則となります。
その為、厚生労働省への申請は一切認められておらず、対処法も不明な場合がある為、迅速な処置ができないケースも考えられます。

つまり、海外の薬はとても簡単に手に入り、また安く購入できるメリットはありますが、その分大きなリスクもあり、万が一のこともしっかりと理解して購入することが最も重要なことであることを理解しておく必要があるでしょう。

実際にあった健康被害とは…

海外の薬を個人輸入したことで安全性や品質が十分確認できていないまま服用した結果、死亡に至ったケースもあります。
特にダイエットに効果的な薬が多く上がってきているようです。
症状としては、動悸やめまい、激しい嘔吐など死亡したケースも報告されています。

また偽造薬による健康被害も少なくはありません。
正規のルートで入手していないものを購入した結果、危険性のある薬物を服用してしまったケースです。
偽造薬は不衛生な環境で製造されている場合が多く、不純物が混入している可能性も考えられます。

このように死亡にまで至ってしまうケースが少なくないのが現状です。
しっかりとその危険性を理解した上で、自分の体を自分自身で守っていきましょう。


この記事をシェアする